お客様の安全と理想を追求し 選ばれて顧客満足度98%!

プライベートジムZONE

モデルさんが意識している食事方法

投稿日:

皆さんこんにちは!

アスリートよりアスリートの谷口です。

 

女性ならいつまでも美しくいたいですよね。

ZONEでは、10代から80代以上のお客様も、美や健康を求めてトレーニングを日々頑張っております(^^)/

 

 

そんな中、モデルさんに伝授している

 

痩せる食事方法

を一つお伝え致します。

 

まず、ポイントとして大切な事は

 

毎食、良質のたんぱく質を摂る

 

消費エネルギーを稼いでくれる筋肉の量を減らさず

 

むしろ増やして基礎代謝を上げるためには、たんぱく質を毎食摂ることが必要です。

 

まず、1日に必要とされるたんぱく質の量は体重1㎏につき11.5gと覚えてください。

 

体重50㎏と覚えてください。

体重50㎏の人なら、たんぱく質75gをとる必要があります。

 

1日3食なら、1食につき25g必要なので、卵や肉、魚介類などの良質なたんぱく源を

毎食100g程度とりましょう。

 

 

これは、いくら良質なたんぱく源でも、総量の4分の1以下しかたんぱく質を含まないからです。

 

 

ソーセージやハム、生ハム、ハンバーグ、かまぼこなどの加工食品は

血糖値が急上昇する糖質がつなぎに

含まれるため、避けましょう。

 

豆腐などの大豆類は、たんぱく源としてはおすすめしません。

牛肉のモモ150gはたんぱく質を30gとれるのに対し

豆腐1パック150gからとれるたんぱく質は8gです。

 

 

さらに動物性たんぱく質の消化吸収率は9割以上に

対し、食物性たんぱく質の消化吸収率は4割以下のため、豆腐1パックあたり、たんぱく質は3g程度しかとれないのです。

 

もちろん食物性たんぱく質も健康のためには必要なので、両方ともしっかり食べれるようにしていけるといいですね!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
谷口涼馬

谷口涼馬

芦屋本店 店長兼トレーナー
資格 日本ダイエット協会認定 生活改善指導・プロフェッショナルアドバイザー
青春時代は野球に明け暮れ野球推薦で大学に進学。大学4年生の時に怪我で野球ができなくなりニキビと激太り、美容業界に就職した知識を活かし、食事管理と運動で-10kgに成功。持味の笑顔で関わる全ての人を幸せにしたいと考える、運動神経抜群の爽やか好青年。

-たんぱく質, ダイエット, 改善, 未分類, 豆知識, 食事
-, , , ,

Copyright© プライベートジムZONE , 2019 All Rights Reserved.