身体をつくり維持するための材料は『たんぱく質』

kara

皆さんこんにちは!

 

アスリートよりアスリートの谷口です。

 

 

炭水化物、脂質と並び、「三大栄養素」の一つとして、私達の生命維持に欠かせないたんぱく質。

では、たんぱく質がどれくらい大事なのかをご説明します。

 

 

筋肉をはじめ、血管や内臓、皮膚や髪、爪など、体の大部分がたんぱく質でできており

その総重量は体重の約30~40%になります。

 

特に筋肉においては、水分以外の約80%がたんぱく質によってつくられるのです。

 

また、血液の細胞やホルモン、酵素など、体の機能を維持するための物質が材料になります。

 

たんぱく質だけでもかなりの役割がありますよね。

 

 

食べないダイエットではなく、たんぱく質をしっかり食べてダイエットをしていきましょう!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プライベートジムZONE

プライベートフィットネスジムZONEオーナー
学生時代に黒帯取得、体内年齢25歳が自慢の一児の母。
家族の次に、運動、漫画、ゲーム、映画、松本人志氏が好き。

-たんぱく質, ダイエット, トレーニング, 三大栄養素, 健康, 栄養, 筋肉, 食事
-, , , , , , , , ,

© 2022 プライベートジムZONE