最強に痩せる食べ方

皆さんこんにちは!

 

アスリートよりアスリートの谷口です。

最近はダイエットをする人が本当に沢山増えましたよね。。

ダイエットは、痩せるためではなく、綺麗に健康になるためですよね。

 

綺麗に健康に痩せるためには「単に食べる量を減らせばいい」というわけではありません。

なぜならば、これまで説明してきたとおり極端な食事制限では、筋肉が大幅に減ることで基礎代謝も減量し

リバウンドの危険が高まるからです。

 

理想はできるだけ、筋肉量を落とさずに体脂肪を減らすことです。

そのためには、朝・昼・夜に毎食充分な量のタンパク質を摂ることが絶対条件です。

 

タンパク質の目安は1食あたり20g~30g。

食材に置き換えると豚ヒレ肉なら100g、さばなら一切れ程度です。

 

これをざっくりと1日で考えると、肉と魚200g、卵1~2個、納豆や豆腐などの大豆製品を使ったレシピを2~3品摂ればOKです。

朝は睡眠中に分解された筋肉を取り戻すため、筋肉がつきやすい動物性のタンパク質がおすすめ、ハムエッグ+ヨーグルトなど洋食で

考えるとバランスが取りやすいです。

 

選択肢が多い昼食で何を食べるのかを迷ったら、動物性のタンパク質入っているものを選ぶというルールを作るとお店選びもスムーズです。

例えば、たっぷりの野菜が入ったサラダボウルよりも、ステーキ肉のほうがタンパク質が摂れます。

もちろんサラダもあれば完璧です。

 

夕食は、夕方にハードな運動をしないのであれば糖質は控えめにしたほうがダイエットには効果的です。

タンパク質は朝、昼で食べたタンパク質を振り返るメインの食材を選びましょう。

 

 

どの食事も、腹8分目までには必ず抑えましょう。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

プライベートジムZONE

プライベートフィットネスジムZONEオーナー
学生時代に黒帯取得、体内年齢25歳が自慢の一児の母。
家族の次に、運動、漫画、ゲーム、映画、松本人志氏が好き。

-お肉, タンパク質, リバウンド, 体脂肪, 動物性, 朝食
-, , , , , , ,

© 2021 プライベートジムZONE